くまのこ日記


おでかけ大好き おかいもの大好き おいしいもの大好きなyumiかーさんと ao(2007/11生まれ)&むすこ氏(2010/04生まれ)とのふつうの日常
by yu--m-i
最新の記事
早々と来年の手帳
at 2017-11-17 17:55
錫のオーナメント
at 2017-11-16 09:23
どーなつ
at 2017-11-14 20:23
おくしぶ散策
at 2017-11-12 11:49
モンブラン
at 2017-11-12 11:02
カテゴリ
検索

続・いいおかあさん

先日は、前記事に
たくさーーんのコメントをいただき
ほんとーーーーーーーーーーーーーーーーに
ありがとうございました☆

心あたたまるコメントに
涙、涙、涙・・・
正直、こんなにたくさんの方々に
コメントいただけるなんて思ってもいず
驚いてしまったのですが

皆、同じ悩みや想いを抱えて
子育てしているんだなぁ

ときどき読み返して
だいじにしていこうと思います

以下、長くなりそうです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





結局
いいおかあさんて、なんだろう

自分で書きながら
そして、いただいたコメントを読みながら
おのずと見えてきたことがありました

ワタシの中で導き出された答えは

結局、答えがない
それが答えだということ

ありふれた言葉で言うと
子育ては人それぞれだし
やり方も、考え方も、全然違うし
人がいる数だけ、やり方も答えも違う

それは自分自身の中でもそうであって
その日の予定、体調、天気、様子・・・
そんなもろもろによって
その日の優先度も、違う

たとえば
ものすごーーくいいお天気の日は
「よっしゃーー公園行くぞー!」って
家事もそこそこに、公園に遊びに行って
帰りに買って帰ってきたご飯になっちゃっても
お日様の下で、いっぱい遊んでいっぱい笑顔が見れれば
それはその日は、それが正解で

だけど
毎日毎日、買ってきたご飯になっちゃって
それが日常化して、疑問に思わなくなれば
それは正解ではないし

その日その日によって
何が正解かっていうのは違う
あたりまえなんだけどね
それに気づけなかった

何が正解かっていう答えなんて
「これさえやれば正解」っていう
明確な答えなんてないし
毎日、何が正解かを模索しながら
考えて、試して、失敗して
それで自分自身のやり方を見つけていく
もしかしたら、一生答えなんて見つからないかもしれない
うーん、きっと多分そうなんだろうな
だって、「ワタシこれでもう完璧です」なんて
きっと一生言えそうもない
「あーーだめだ、今日も失敗した」って
毎日凹んで、反省しながらも
たまに「今日はいいおかあさんできたぞ」
なんて日もあったりして
それでいつのまにか、こどもが大きくなっていて

今いえることは
こどもが成長して、自分の元から巣立っていったとき
「あぁあのとき、もっと向き合っていればよかった」
なんて、後悔したくないってこと
いいおかあさんかどうかなんてわかんないけど
面倒なことから逃げないで
たまには手抜きしちゃうけど
息抜きもしちゃうけど、笑
ちゃんと向き合っていきたいなと思ったのでした

自分がaoを産んだばかりの頃
自分より月齢の大きな子供をもつママが
みーんなすごくベテランの先輩ママに見えて
「うちもあのくらいになれば、ラクになるのかなぁ」って
自分を未熟な新米ママだと思っていたけど

今もう気づけばaoも3歳
まだ生まれたての赤ちゃんのママから見たら
ワタシも立派な先輩ママなんだけど
でも悩みが減るどころか
別の悩みが増える一方で
ちっともベテランママになんて、なれてやしない

よくよく考えれば当たり前で
今のワタシは
「3歳のao」の新米ママ
来年になれば「4歳のao」の新米ママ
何歳になったって、そのときが初めてなんだよね
むすこは二人目だから楽勝?かと思いきや
「二人の子を持つママ」としては
新米なんだよね
あ、ややこしい?笑

だからね
いつになったって
毎日毎日が初めてで
そのときそのときの悩みや壁が出てきて
そのたびに悩んだり、考えたりしなきゃいけなくて
だから、たとえ1つの悩みに答えが出ても
また新しい答えを探さなくちゃいけなくて

でもそれは
自分がこどもをもった以上
背負っていくべき宿命で
きっと母親になんてならなかったら
一生ぐーたらしてたであろう、ものぐさなワタシへの
試練なんだろうな、って
悪い意味じゃなく、思えるようになってきたのです

あいかわらず、隣の芝は青いし
自分はダメダメで、凹んでばかりだけど
そこからは何も生まれない
昨日より、少しでもましな自分になろう
本当にそう思えてきました

話長くてすみません
自分に言い聞かせるように、書いてます

ここからは、具体的かつくだらない話になりますが

最近怒ってばかりだった自分
理由を考えた

よく怒る理由
 ・aoが弟をいじめてばかりいる
 ・部屋が散らかりすぎて、イライラして怒ってしまう

そこで、ママ友にも相談したところ
やっぱり、いくらよく言われている
『上の子を優先してあげる』とはいえど
気持ちの中では優先しているつもりでも
目に見える形で、もっと優先してあげてることをアピールしないと
まだまだ3歳児
赤ちゃん返りもするし、なんだかガマンばかりで
感情をあまり表に出さなくなってきた気がした


今までは
aoが、自分の物を触られたり取られたりして
弟に「やめてーー!!」と怒ったり
押したりぶったりしてるのを見て
「こらーー!!赤ちゃんなんだから、許してあげなさーーい!!」と
怒っていた自分

反省

それからは
aoではなく、弟を怒るようにしました
「こらーーおねえちゃんの物、触っちゃだめでしょーー!」とね

そしたらaoも
弟に「おねえちゃんのもの触んないでー」と
マネして怒るようになったんだけど
「むすこくんを怒るのは、かーちゃんの役目だから
そういうときは、aoはかーちゃんに、どうにかしてって言いなさい」って言いました
それが正解かなんてわかんないけど
aoはたびたび、かーさんに助けを求めるようになり
かーさんも、aoに怒鳴ってばかりいることが
少なくなりました
少しずつではあるけど
aoが弟と仲良くしてる場面も増えてきました
少しずつ、少しずつ

あと、部屋が散らかってて、自分がイライラしてしまう件、笑
片付けりゃーーいいじゃんって
言われちゃいそうだけどさっ
もう片っ端から散らかすヤツが二人いるのって
けっこうハンパないんです

なので、もうあきらめちゃってたんだけど
ここはいっちょ、決まりを作り
aoに
「ご飯食べる前と、おでかけする前と、寝る前は
お部屋をお片づけしようねー、約束しよう!」って言いました

「約束」って言葉が気に入ったみたいで
「えっと、ごはんのまえとー」って言いながら
ときどき「めんどくさいよー」って言いながら笑
だめなときは「どっちが早いか競争しよう!」って促しながら
片付けするようになりました

それで、ワタシのイライラも、少し減ったの
気持ちのもちようだね
これも、少しずつ、少しずつ

あとは
「ちょっとまって~」をなるべく減らす!
口癖のように言っていたこのコトバ
よくよく考えると、たいして待たせることないじゃん?
ってことも多くて
ほんとに自分の都合とか、機嫌によって
言っていたコトバであることに気づいたのです
「今これキリが悪いから片付けちゃいたい」とか
「うるさいから、今相手したくない」とか
もうほんと、あきれるくらい自分都合です

そういう気持ちをちょっと置いて
なるべく希望をきいてあげて
くだらない質問とか疑問にも丁寧に答えてあげて
そうすると、自分のイライラも
なぜかすーーっと消えていきます
そりゃ、やりたかったことは遅れるけど
でも、こどもをおろそかにしちゃった
うしろめたさみたいのが、あとあとイライラに変わったりして
それで余計・・・負のスパイラル現象、笑
それがなくなることに気づいたのです
ま、理想ですが
毎回そうはいきませんが
でもこれも、少しずつ、少しずつ、です

異様に長くなってしまいましたが
今回、いろいろ考えるきっかけとなって
本当によかった
あと1ヶ月もすれば、aoは幼稚園に入ることになり
新しい世界へと旅立っていきます
それから後悔することのないように!
って、ちょっと遅いけど!笑

以上、自分への備忘録です
たまに読み返そう

考えるヒントをくれた友達
親身になったコメントをくれた皆様
本当にありがとうございました
ワタシは幸せ者です
[PR]
by yu--m-i | 2011-02-27 22:51 | かぞくのこと
<< おそろいsolmate socks いいおかあさんって、なんだろう >>